Hisakazu Hirabayashi * Official Blog新刊のお知らせ・公式サイトがバージョンアップしました

新刊のお知らせ・公式サイトがバージョンアップしました

すいません。
新刊発売をひかえてブログのエントリーも宣伝が多くなります。
しかしながら、ただの告知では失礼かとも思い、お読みくださる方にとって、何かためになる情報はないかな? と考えてみました。
pie.png
上の円グラフは、過去1ヶ月の当ブログの閲覧者の居住地を示したものです。
Google Adwardsの地域指定や、実際に書店営業をしてくださる方のために引き出したデータがこれです。ライトブルー、37.93%が、断トツ1位の東京です。

グリーンの5.62%以下の細い扇形が示しているのは2位から10位まで。
2位・大阪
3位・名古屋
4位・札幌
5位・京都
6位・川崎
7位・横浜
8位・福岡
9位・浦和
10位・仙台

となります。
つまり、2位から10位までを合計すると24.42%になるということが、このグラフからわかります。
で、11位以下の市町村。グラフでいうとグレーの部分になりますが、その他の地域を全部集めると37.65%になります。

というわけで、当ブログは、東京を筆頭に、大阪、名古屋、札幌、京都、川崎、横浜、福岡、浦和、仙台の読者が60%以上を占めているという話でした。

はぁ? そんな情報の何が「ためになるって?」。
えーとですね、当ブログっぽい製品(というのがあるかどうかは別として)を、エリア別にマーケティングをするのなら、全国にまんべんなく売るのではなく、都市を絞ると効率的ではないかと思った次第でして、そのための参考データをご紹介いたしました。そして、何か地域特性みたいなものが浮かび上がってくるのではないでしょうか(と苦しい説明)。

さて、宣伝でありますが、新刊のお知らせ・公式サイトがバージョンアップしました。
今までは概要だけが書かれていましたが、本文の一部が紹介されております。

画面右上の黒いタブ・白ヌキ文字で「本文より」というのがあります。
そこをクリックしていただくと、本書に書かれた内容の一部が表示されます。

さらに、お読みいただく方がTwitterのユーザーであり、かつログイン状態であれば、同本文をつぶやいていただくことが可能です。各本文の右部分にマウスを動かすと(ロールオーバーで)tマークとともにTwitterにつぶやくと表示されます。

つぶやいた後に、ハッシュタグ#nakeruをつけていただき、ご意見などを別Postしていただくなどしていただければ、筆者としてうれしいかぎりです。

また、お気づきかと思いますが、Amazonでの予約も開始されました。どうかご利用ください。

ビジネス人生論 なぜ、泣ける男は成功できるのか?ビジネス人生論 なぜ、泣ける男は成功できるのか?
(2010/02/23)
平林久和

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。