Hisakazu Hirabayashi * Official Blog噂の公式

噂の公式

デマの心理学 (岩波モダンクラシックス)デマの心理学 (岩波モダンクラシックス)
(2008/10)
G.W.オルポートL.ポストマン

商品詳細を見る



これは知っておいて損はない法則だと思う。
アメリカの心理学者のオルポートとポストマンが発表した学説。
流言の量には公式があるという。

R=i×a

Rは【噂】のrumourの頭文字R。
iは【重要性】のimportanceの頭文字i。
aは【曖昧さ】のambiguityの頭文字a。

つまり、それが重要な事柄であること。言いかえると関心事であればあるほど、iの値は大きくなる。
そしてその情報が曖昧であればあるほど、aの値は大きくなる。
Rはiとaの積なので、どちらかの値が大きくなると、噂の量は膨らむ。
また、iとaのどちらかが「0(ゼロ)」であると、他方がどんなに値が大きくてもRは「0」になる。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは解散してなくなる、という噂があった。
キム・ヨナ選手は引退するのではないか、という噂もあった。
柔道の谷亮子選手が、民主党・小沢幹事長と会ったので、参議院選挙に出馬か? との噂もあった。
トヨタ車は安全ではない、という噂も(特にアメリカでは)広まっていた。
これらの噂は、aを「0」にすれば噂を消すことができる。

津波警報について気象庁の関田康雄・地震津波監視課長は「大津波警報が過大であった」と謝罪した。
この謝罪会見には賛否両論があるようだが、流言の量には公式を照らし合わせて冷静に見れば、i=【重要性】の量を大きくしすぎてしまったことの反省の弁と見ることができる。

2月17日に以下のようなことを書いた。

火種になったのは、バンダイナムコゲームスの希望退職200人募集、iPadの発表、それと3月9日からはじまるゲームデベロッパーズカンファレンス2010。

これらが混然一体となって、ヒト、モノ、ハード……について。次に大量リストラを行う企業の名や、企業の合併話やグループ再編、経営者の人事、それに据置型・携帯型両方とも新ハードの発表の噂が飛びかっている。

火のない所に煙は立たない……かもしれないが、いかにも話に尾ひれがついていそうな噂が多い。ふたつほど紹介すると、■■■■の■■■■は■■■が搭載されるらしいとか。■■■■の■■■■氏と■■■■■氏は最近、口をきいていないらしいとか。■■■■の■■■■は一切■■■■を使わないらしいとか……おっと、ふたつほどと書きながら3つ書いてしまうという初歩的なミスを犯してしまったが、そんな不確かな情報にあふれている。

……と噂の多き世界で生きる私にとって、今は
R=i×a
の1行の公式は、まさに私が噂について考えるときの立ち戻る原点だ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。