Hisakazu Hirabayashi * Official Blog開発費の二極分化よりも正規分布を

開発費の二極分化よりも正規分布を

Twitter Search Game Developers Conference 2010の関連 GDC
(日本語のみ)

Twitter Search Game Developers Conference 2010の関連 #GDC
(日本語のみ)

Twitter Search Game Developers Conference 2010の関連 GDC
(すべての言語)

Twitter Search Game Developers Conference 2010の関連 #GDC
(すべての言語)

Game Developers Conference 2010は2日間を終えました。いわゆる、ソーシャル・アプリ系の話題が活発。カンファレンスの入場者も多く盛況との報告が続々と入ってきます。
(*上記の「つぶやき」もご参照ください)

でも、ここで冷静にならなくてはいけないのは、私がプログラムを見る限りソーシャル・アプリの成功例の発表と、今後の楽観的な観測が語られているような気がする、今年のGDC。

遠く、サンフランシスコの声を聞かなくても--私の仕事場は、東京・恵比寿にありますが--ここから半径3km以内に「ソーシャル・アプリに参入したはいいものの、儲からない」と嘆いている社長が5人います。ただし、これは「今までの日本では」との条件がつきますが。

現在、起きているブーム(?)は、大作ソフトの反動。『ゴッド・オブ・ウォー3』の制作費が44億円では、それに太刀打ちできない中小デベロッパーは、ソーシャル・アプリに期待するのも、無理のない話です。

さて、そんなソーシャル・アプリ旋風が吹き荒れるさなか、SCEはプレイステーション3用USBカメラ「PlayStation Eye」と組み合わせて使用するPlayStation Moveを発表しました。今まで、モーションコントローラと呼ばれていた製品です。



↑映像のようなデモンストレーションが行われたようです。

ところで……
私はこのゲームを早く遊びたい。
『Eye Pet』。USBカメラを使った遊びです。
44億円かけてつくるゲームと、100万円でつくるソーシャルアプリという名の「オンライン・ミニゲーム」。
両者の金額は極端にしても、ゲーム開発者にとって、ここは分水嶺です。

選択肢が増えたのか? 二極分化の道をまっしぐらなのか? 
二極分化ではなく、その中間のボリュームのソフトが育まれる環境であってほしい。
そのシンボルとしても、なんとなく『Eye Pet』。
ほのぼのするぞ、『Eye Pet』。



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。