Hisakazu Hirabayashi * Official Blogradikoを聴いています

radikoを聴いています

capradiko.jpg

インターネット・ラジオの実験放送“Radiko”が2010年3月15日に開始した。
今も、radiko.jpを聞いている。

このサービスを待ち望んでいた人は多い。
利用者からしてみれば、このサービスは便利だ。
音質は、特にAMラジオは予想の通り、実際のラジオで聞くよりもはるかに良い。
指先に神経を集中させて、チューニングをあわせる必要はない。

Radikoについて

パソコンがそのままラジオ受信機となる「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」(radiko)の実用化試験配信を開始することになりました。今回の試験配信は、独自コンテンツ、エリア制限なしという通常のインターネットラジオサービスとは異なり、在京民放ラジオ7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)、在阪民放ラジオ6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)の地上波ラジオ放送をCMも含め、そのまま同時に放送エリアに準じた地域に配信するサイマルサービスです。配信エリアは在京7局が東京、神奈川、千葉、埼玉、在阪6局は大阪、京都、兵庫、奈良となっております。ネットワーク環境によってはエリア内でも聴取できない場合もありますのであらかじめご了承ください
近年、都市部を中心に高層建築、モーターなどの雑音源の増加などによりラジオの聴取環境は著しく悪化しています。こうした難聴取を解消していくと同時に、より魅力ある音声メディアの姿を追求していきます。登録などの手続きは一切無しに、誰でも簡単にパソコンで雑音の無いラジオ番組を聴取できる環境を整えることにより、より多くの方にラジオをお楽しみいただけると期待しております。8月末の試験配信終了後の実用化を目指しています。

http://radiko.jp/howto/より
なぜ、Radikoか?
上記の説明があるが、やはりインターネット・ラジオは世界に発信してほしい。
これは自慢すべきことか、お恥ずかしい時代の読み違いか。
インターネットで音声を発信するということには、昔から着目していて、2002年から『東京ゲームラウンジ』という番組を、水口哲也氏と約2年間やらせていただいた。しかし、時期尚早だったのか、スポンサーがなかなか見つからず、番組を継続できなかった……という残念な思い出がある。

それでも、この約2年間で積み上げた経験値は大きく、インターネットで情報を発信することの原点を肌身で感じることができた。利点は何といっても国境を越えてリスナーがいてくれたことである。ブラジル、オランダ、ニュージーランドから番組にメールが届く。

このメールを読み上げる行為は、まさに、私がさっきまで聞いていたオールナイト・ニッポンにおけるハガキを紹介しているようで、でも、時代ははるかに進んだようで、ワクワクする思いがした。毎週の収録が楽しかった。

東京で最も安い料金のスタジオ。各1名のプロデューサーとディレクターと2名の出演者。音楽使用料を払えないので、使える楽曲はオリジナルBGMだけ。ゲストのお車代もなくて、ほとんどが友情出演だった。それでも、われわれスタッフの視野は世界に向いていた。

今、はじまったばかりのradiko。
まずは、在京・在阪の局からスタート。
それが容易ではない、法律と経済の事情があることはわかるが、世界に日本の「音」は飛び出して行ってほしい。

Comment

ネットラジオ
「東京ゲームラウンジ」毎週楽しみにしてましたよ^^
僕も出張で海外によく行くので、radikoのサービスは心強いです
きっと、外国の人でも日本語の勉強に使えるでしょうし
リスナーがラジオをより育てられることを願いますね
  • 2010/03/17 03:16
  • カラカラ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。