Hisakazu Hirabayashi * Official Blog東京に戻りました

東京に戻りました

  • Day:2010.08.17 14:29
  • Cat:私…
yoshihama.jpg
▲吉浜海岸の防波堤。

東京に戻りました。
同じ温度でも、海辺の町の斜面に立つ生家とは空気が違います。
道路の匂いも、太陽の光も。

先々週は北海道に行ってきました。
北海道と東京の気候が違うことは、覚悟していましたが、湯河原と東京間はカーナビ表示で、90Kmほどの距離ですから、心の準備ができていません。タイピングする指が、どう動いていいのか困っています。

今回の帰郷では夏らしいことができました。
・お盆の墓参り
・温泉
・海
・昼寝
・花火
・地元の魚を食すこと
・子どもと野球
・星を見ること

遊びの合間に、今年後半の大仕事の構想を練っていました。
・手書きのマインドマップ
・PCに打ち込んだテスト原稿
・ボイスレコーダーに録音した声のメモ

以上が生産できたもの、でしょうか。
いつもは、ダラリとしてしまう夏休みですが、ズボラな私のわりにはタイム・マネジメントが、うまくできたのではないでしょうか、と自画自賛。

田舎にいて、改めて感じたことがあります。
東京と比べて、デジタルの世界と比べて、いろいろなことが曖昧なんですね。

近所の学校に勝手に入って遊んでもいいし、好きな金額を払えば夏みかんを持って帰ることができる無人販売所もあります。

白・黒がはっきりとしていない。
オール・オア・ナッシングではない。
物事を、ゼロかイチかで決めない、緩やかなコミュニティがあるのです。

PCは持参していましたから、ネット上のニュースやTwitter経由の情報は、バンバンと脳に飛び込んできます。もちろん、テレビのニュースを見ていましたし、新聞も読んでいました。田舎の雰囲気と対比してしまうので、そのほとんどが、白か黒かがはっきりとした論調ものばかり、のように思えてしかたありませんでした。ま、それがニュースの役割なので当然といえば当然なのですが。

今年後半の大仕事とは、みんなが白・黒をはっきりさせているものを、きちんと整理をしなおして、別の角度から考え直そう、というものでしょうか。ザックリと申し上げると。

例を挙げれば、「ゲーム業界は衰退する」「電子書籍は流行する」「ソーシャル・アプリは儲かる」は、わかりやすさを優先するあまり、白黒をはっきりとさせてしまった論の典型で、本当にそうなの? と問い直す準備をしています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。