Hisakazu Hirabayashi * Official Blog埋もれてほしくないコメントを再掲載いたしました

埋もれてほしくないコメントを再掲載いたしました

私の先週のエントリーに、とある方からコメントを頂戴しました。
お書きいただいたのは、吉田聖也さんという方です。

ブログですから、もちろんどなたでも読めるわけですが、3回にわたる、私の長~いディスクシステムの話の下のほうに置かれてしまい、そのまた一階層下のコメントですから、見逃されたらもったいないと思い、ご本人の了承をいただき、本エントリーでご紹介させていただくことにいたしました。

以下のご意見が、私とまったく同じかといえば、異なる部分もあります。ですが、まさに耳を傾けるべきものだと思い、じっくりと読ませていただきました。さらに氏が運営なさっているブログが、鋭い分析に加えて、地に足がついた情報満載で思わず、読み込んでしまいました。

東京ゲームショウが終わると、コスプレとコンパニオンのサイトだらけ……とお嘆きの硬派なゲーム業界の方。お口直しにどうぞ、お読みください。


元小売・流通関係者からの視点です。



おはようございます。

テレビゲームの元小売・流通関係者としての意見です。
まずソーシャルアプリ、ゲームについて自分の考えを述べさせて頂きます。

いまのソーシャル、アプリゲームの隆盛は一時的なものだと思っていて、最終的にクラウドコンピュータを使ったゲームに取って代わられると思います。その過渡期に今いるのだと見ています。

ソーシャル、アプリゲームの未来の役割は、将来訪れるクラウドゲームの布石となることだと思います。そういった意味でいま人気のGREE、モバゲーなどのソーシャルゲーム市場は将来的に停滞か縮小すると見ています。

従来の携帯電話から、スマートフォンへ移行する過程の中でその変化が訪れると予測しています。ただ、携帯電話からスマートフォンに移行することにユーザーニーズが介在していないような点が気になります。テレビがアナログから地上波デジタルに移行するように、国、企業の論理でユーザーの意見を無視して事が前に進んでいる様に見えることに危惧を感じます。

次にパッケージソフトについて述べさせて頂きます
私情が入りますが、パッケージソフトについては無くならないと思っていますし、また無くしてはいけないと思っています。販売チャンネルを減らすことは得策ではありません。世の中には様々な価値観を持った方がいます。PSPgoが登場して1年、ダウンロードが主流になることが出来なかったのは、パッケージソフトがユーザーにとって、まだメリットが大きい証拠だと思います。もちろんそれが今後も継続するとも思ってはいません、棲み分けになるのだろうと思っています。小売・流通はまたプレイステーションの登場時に起きた、大きな変革・淘汰・再編にさらされると見ています。

この言葉を使うことに大きな嫌悪を感じますが、世界を勝ち組と負け組に分け、勝ち組の論理を負け組に押しつけることは、負け組にとっては侵略行為以外のなにものでもありません。生活に直結することであれば負け組は受け入れざるを得ませんが、それが娯楽ではあれば「じゃあテレビゲーム以外の娯楽を探そう」となってしまいます。結果的に総ユーザー数の減少を招いてしまいます。そのあと更に勝ち組の中から、勝ちと負けを分けどんどんニッチな方向に進むことは容易に想像がつきます。

いまのテレビゲーム世界の論調はソーシャル、アプリゲームが勝ち組で、パッケージソフトは負け組となっています。果たしてそうなのでしょうか? 世界がソーシャルゲームだけになってしまうと、同じ100万本の販売でもソーシャル、アプリゲームの単価と、パッケージソフトの単価は大きく異なります。単価の低下は売上と利益に直結します。大手メーカーはなんとかなると思いますが、中小のメーカーはますます苦しくなるでしょう。外注専門の開発会社は立ちゆかなくなるのではないのでしょうか?

大切なのはソーシャル、アプリゲームとパッケージソフトの共存です。帝国主義的にどちらかが覇権を握ることではありません。メーカーはソーシャルゲームをテレビゲームへの入門手段の一つだと捉えることだと思います。その上でソーシャル、アプリゲームに適したゲームを制作して、またパッケージソフトへの導入口としても扱って、そのソフトに興味を持ってくれたユーザーがパッケージソフトを買ってくれる様に繋げることが理想だと考えます。

ソーシャル、アプリゲームがマスなのに対して、パッケージソフトがニッチなのは否めません。ただニッチが生存するためには、マスが広くないと生きていけません。

ソーシャル、アプリゲームの文化、パッケージゲームの文化。その文化をそれぞれの小世界として、テレビゲームという世界で捉える。そういった目線が必要だと思います。

様々な(テレビゲーム以外のものを含めて)ゲームという世界を広げることが肝心です。その中で多くの文化を認めて多様な世界にすることが大切だと思います。

メーカーはテレビゲームという世界について、もっと柔軟な発想と寛容な姿勢を見せる必要があると思っています。任天堂の前社長である山内博さんは「いつまでゲームを作ってるんだ」と発言されたことがあります。僕もまったくその通りだと思っています。

結論として、ユーザーも小売・流通もメーカーも、テレビゲームという世界をもっと高い視点から眺めて善悪二元論ではなく、中位で居続けることが大切だと考えています。そしてその中の小世界であるお互いの文化、価値観を認め合うことが、なりより大切だと思います。

僕自身、テレビゲームと一緒に育ってきました。テレビゲームがなくなることはありませんが、その未来が狭くなることに大きな悲しみを感じています。

長々と失礼致しました。


以上であります。
吉田聖也様、転載のご快諾をいただき、どうもありがとうございました。
さて、興味がつきない、氏のブログはこちらです。

ゲームについて徒然に思うこと。
http://gameturedure.blog121.fc2.com/

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。