Hisakazu Hirabayashi * Official Blog政治思想を教えてくれない国

政治思想を教えてくれない国



ヒラバヤシさん、ライヤーです。日本では福田首相が辞意表明しましたね。あなたのBLOGに貼り付けたニコニコ動画? 松岡修造? 私はよくわからないのですが、アシスタントのShinoさんは、ゲラゲラ笑っていました。この動画をつくった人も、貼り付けたあなたも、もちろんジョークでしょうが、マジメな話、あなたは今後の日本の政治はどうなると思われますか。




ライヤー博士、もちろんジョークで貼り付けた松岡修造の動画ですが、今の日本人の政治意識をとてもシンボリックに表現していると思います。

政治に対するあきらめ、たとえ首相が交代しようとも、国がよくなるとか、国民が幸福になるとか。
そういう個人の人生と密着したことが行われているのではなくて、政治ショー……まさにスポーツと同じように、ヒーローがいたり、アンチヒーローがいたり、美人女性だと実力以上に人気が出たり。
政治が政治ではなく、まるでフィクションのドラマのようにとらえられています。

これは、博士のような知日家の方でも、わかりにくいことかと思います。
仮にご理解いただけたとしても、私はかつてデンマークの方から言われたことがあるのですが、「なぜ、あなたはそれを変えようとしないのか?」と厳しい質問――当たり前の問題意識ですよね――が、次に私に与えられるのかなとも思います。

簡単に言ってしまうと、日本では政治思想の教育というものを行っていません。
戦後、GHQが日本の思想教育を廃した名残りがいまだにあって、「偏向した教育をしない」の美名のもとに、政治的に当たりさわりのないこと……。

たとえば、「選挙権は20歳から」「衆議院には解散はあるが参議院には解散がない」といった、のちにテストをやって○か×で答えられるようなことは教えますが、政治思想・イデオロギーという、将来、有権者になった際に、判断基準となる「考え方」を教わらないで戦後の人たちは育ったのです。

でも、街に出ると当然ながら政治の香りが漂っていることがあります。

私の居住地の周辺の渋谷駅ではよく「北方領土返還」とマイクで怒鳴っているクルマが停まって、パンチパーマのお兄さんが演説しています。あれは右翼というものらしく、暴走族の延長みたいで恐そうだ、という印象だけが残ります。

逆に、クルマに乗らないで、プラカードに手書き文字を書いて、ハンディマイクを持って、霞ヶ関あたりをデモしている人たちがいる。学校でも、君が代を歌わないように指導する教師もいる。ああいうのが左翼的らしいと、まるで他人事のように傍観しています。

マジメに政治のことを考えている若者、十分に政治思想の知識を持った若者、もちろんいます。

でも、ひとくくりにしてしまって申し訳ないのですが、日本の多くの若者は、政治思想といっても、右翼-街宣車、左翼-君が代反対。その程度のイメージしかないのが実態ではないでしょうか。

shibuyasta.jpg
渋谷駅前


FC2 Blog Ranking

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。