Hisakazu Hirabayashi * Official BlogGALAXY Sの感想(1)

GALAXY Sの感想(1)

gallaxy.jpg

「GALAXY S」(NTTドコモ/サムスン電子製)を使いはじめて約1ヶ月がたった。
長文で一気にではなく、使用していて思いついたことを、長所・短所・マクロ視点・ミクロ視点、いろいろとりまぜて順不同に書いてみることにする。

画面がまばゆい

他誌のレビューでは「画質がきれい」と普通に表現されているが。私は「まばゆい」と言ってみたい。有機ELディスプレイは、高コントラストで目につきささるような刺激がある。これは初期設定された壁紙をみただけで感じたことだった。ようは「きれい」でもいいのだけれど、的確に使用者の気持ちを表現しようとすると「まばゆい」と言ってみたくなるのだ。

ずっと「GALAXY S」の画面を見ている、その後にiPhone(3G)、iPadを見ると画像がねむく見えてしまうくらい。特にiPadをはじめて起動させた瞬間の美しさに、私は素直に感激したから、そのiPadが色褪せるなんて。驚きだ。はかない。人間の目の慣れというのはこわい。

しかし、このまばゆい高コントラストの画面。常用していると電池消耗が激しい。したがって私は現在、壁紙を真っ黒にしている。

iPhoneを購入したら、インストールしたい10のアプリのように。
○○を○○したら、○○したい数字の○○
……というレトリックが流行っている。

これにならえば、「GALAXY S」を購入したら、まずやっておきたいことは壁紙を真っ黒にすること。
カメラのアプリケーションを立ち上げて、レンズに指を当てると真っ黒な画面は一瞬で撮れる。
それを左ボタンで呼び出す初期設定メニューから、壁紙を選択し、「ギャラリー」から指定する。

これだけで、「まばゆい」ライブ壁紙を使用したときと比べて、2割程度電力の消耗度合いが良くなるような気がする。

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010/11/28 10:09
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。