Hisakazu Hirabayashi * Official Blogマグニチュード9.0。地震の後、日本のゲーム業界は何をしたか。

マグニチュード9.0。地震の後、日本のゲーム業界は何をしたか。

3月11日。
まさに、東日本巨大地震(東北地方太平洋沖地震)が起きた日でした。
災害が起きた当日、夜になると各業界の企業が、義援金の寄付の表明や、被災地への援助協力を発表しておりました。私は、ゲーム関連企業の名があがらないことに一抹の寂しさと憤りを感じました。

その翌日の深夜、以下のようなことをツイート、またはリツイートしております。
一部ですがご紹介します。

3月13日のツイート1
3月13日のツイート2
3月13日のツイート3
3月13日のツイート4
3月13日のツイート5
3月13日のツイート6
3月13日のツイート7
3月13日のツイート8

しかし、杞憂に終わったのでほっとしました。
週が明けたら、ゲーム関連企業が続々と被災地の方々への有形・無形の支援表明をしております。
皆さまの篤志がとても誇らしく思えました。

当ブログではしばらくの間、ゲーム関連企業の被災地への支援活動をまとめてまいります。
まずは私が知る少数の事例を紹介します。
他の例、または新規の活動がございましたら、上記メールフォーム、または@HisakazuH宛にご報告ください。
順次追加してまいります。

このまとめエントリーのテーマ曲も決めました。



You Raise Me Up.
Celtic Womanのバージョンです。
You Raise Me Up=あなた方が私を起き上がらせてくれるのです。

記憶と記録にとどめたい。
マグニチュード9.0。
平成23年東北地方太平洋沖地震の後、日本のゲーム業界は何をしたか。

(順不同)

■株式会社エンターブレイン/ファミ通.com
被災地の救援・復興活動をサポートしよう――ゲーム関連各社で義援金募集中【随時更新】
http://www.famitsu.com/news/201103/14041449.html
ゲームメーカー各社が続々と義援金などの被災地救援策を発表【15日追加】
http://www.famitsu.com/news/201103/14041458.html

こちらの更新情報を参考にさせていただいております。
ファミ通.comのスタッフの皆さま、頑張ってください。

■GameBusiness.jp
http://www.gamebusiness.jp/

私が連載中のサイトでは【東日本大地震】のタグでニュースを配信しております。
【東日本大地震】セガ、iPhoneゲーム『Football Manager』の全収益を寄付へ。
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=3288
同記事をfacebookにシャアしたら17件の「いいね!」ボタンが押されました。
これはゲーム業界が動き出したことの後押しと受けとめ、このエントリーを作成したい私が思う強い動機となりました。

■4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20110314006/

ゲーム関連各社が提供する/募集中の義援金に関する情報まとめを随時更新されています。
こちらの情報も参考にさせていただいております。

■任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/message110314/index.html

任天堂は伝統的に慈善行為には積極的な企業でした。ですが、それを公表しないことこそが慈善行為という美意識があったように思われます。しかし、このたびの惨事では異例にもWebサイトで公表されたことは、業界全体への影響も大きかったと思います。

■株式会社サイバーコネクトツーと松山洋社長
http://twitter.com/#!/PIROSHI_CC2/status/46157847712645120
http://twitter.com/#!/PIROSHI_CC2/status/46567242313371648
http://twitter.com/#!/PIROSHI_CC2/status/47593490242224128
http://am6.jp/hRuwGm

交通機関が停止した3月11日東京オフィスの開放をご決断し、応援イラストや節電アイコンなどをつくっています。節電は義務だの言葉にしびれます、松山さん!

■株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/110315.html

巨額な義援金のみならず、「モンスターハンターフロンティア オンライン」におけるプレイ料金の補償について、にゲーム会社らしい気配りを感じます。

■バンダイナムコグループ
http://www.bandainamcogames.co.jp/110314/

■コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/php/pdf/news_20110314_01.pdf

■セガサミーグループ
http://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/infomation110314_01.pdf

■株式会社コロプラ
http://colopl.co.jp/news/news/earthquake-02.php
被災地電波状況確認のための位置登録実績MAPもあります。
http://pl.colopl.jp/c/c/map/

■株式会社コナミ
http://www.konami.co.jp/ja/news/topics/2011/0315/

■株式会社レベル5
http://www.level5.co.jp/news/20110315/popup2.html

各社が義援金・寄付・寄付募集を表明しています。
また、カプコン、ナムコ、タイトーなどアミューズメント施設運営各社が節電対策のため営業時間の短縮を発表しています。

■アミューズメント施設運営各社
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=3294

■NHN Japanグループ(ハンゲーム)
http://static.hangame.co.jp/hangame/extra/showyourheart/index.html
GACKTからの呼びかけ!「SHOW YOUR HEART 基金」に協力しています。

■株式会社アスキー・メディアワークス
http://news.dengeki.com/
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/037/37110/
電撃オンラインより、ネットと電話を使う被災地の方との連絡手段まとめ(公的機関、NHKなどのリンク集)を提供。

■株式会社ペットワークス/メディアアーティストの八谷和彦さん
http://www.petworks.co.jp/

うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」の動画がYouTubeにアップロードされています。八谷和彦さんの解説をonaradaijobuさんが動画にしました。
「うんち・おならで例える原発解説」のTogetterもあります。



■株式会社グラスホッパー・マニファクチュア
山岡晃さん率いるグラスホッパーサウンドチームが楽曲を作りました。
「がんばっている東北へ届け!がんばる日本より」
facebookのページ、およびその告知記事です。
http://j.mp/gKK6EW
http://jp.joystiq.com/2011/03/16/ghm/

■「デジタルゲームの教科書」の著者・AIプログラムの権威・三宅陽一郎さん
株式会社フロム・ソフトウェア技術部研究課所属
「デジタルゲームの教科書」ラジオ 17日(木)22時より。テーマ「ゲームと社会」で行われます。
http://twitter.com/#!/miyayou/status/47986864858218496

■株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
http://www.square-enix.com/jpn/news/2011/html/8ff6e79d3ba0894f50d2189db4fa0e67.html

■タイトー
http://www.taito.co.jp/
http://www.taito.co.jp/news/oshirase/oshirase_11031819.pdf

多額な義援金とともに「アミューズメント施設を通じた義援金募集・寄付」。これはゲームファンにとって、身近にある寄付場所となってくれるのではないでしょうか。

■株式会社エンタースフィア
http://www.entersphere.co.jp/press/press_release_2011_03_16.pdf

■エヌ・シー・ジャパン株式会社(NC Japan)
http://www.ncjapan.co.jp/pressroom/news_view.ncj?nid=2337
http://aion.plaync.jp/prayforjapan/

2011年3月11日(金)から1カ月間の当社収益と予想される5億円の寄付と特設掲示板が設置されています。

■CEDEC 2011
http://cedec.cesa.or.jp/2011/ex.html

講演者公募の受付期間を4月7日(木)まで延長いたしました。

■株式会社タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/
http://www.takaratomy.co.jp/company/release/ir/pdf/i110316_02.pdf

■小島プロダクション
http://www.konami.jp/kojima_pro/together_japan/#twinavi
http://twinavi.jp/kisekaeicon/detail/362
http://twitter.com/#!/Kojima_Hideo/status/49267532133175297
http://twitter.com/#!/Kojima_Hideo/status/49254917663232000
http://twitter.com/#!/Kojima_Hideo/status/49272572105326592
http://twitter.com/#!/Kojima_Hideo/status/49285321564766208

「頑張ろう、JAPAN」の特設サイトを開設。
【復興サポート】TOGETHER JAPANにて、きせかえアイコンを公開しております。
および小島秀夫さんのツイートをリンクさせていただきました。

■アルテピアッツァ株式会社
http://togetter.com/li/113561

早稲田大学在学中より堀井雄二氏の秘書兼シナリオアシスタントとしてゲーム業界へ。DQVII制作時はSquareEnix社(当時Enix)にも在籍しつつ、現在は眞島真太郎が代表を務めるArtePiazza社の副社長(Twitterのプロフィール欄より)。杉村幸子さんよりご案内いただきました。

■株式会社チャイルドドリーム
http://www.child-dream.net/
http://www.child-dream.net/gien/

シェアウェアゲームを、チャリティウェアとし売上のすべてを義援金とすることが発表されています。

■なぎ
http://doukap.wordpress.com/2011/03/20/dpap-0001-なぎ-災害復興祈願プログラム

中村隆之さん企画・プログラムによる、なぎ [災害復興祈願サウンドゲームソフト]が公開されました。無料でダウンロードできます。斬新な発想の音・音楽ゲームソフトです。

■株式会社イニス
http://www.inis.jp/jobs/
http://www.inis.jp/jobs/event/2011/03/prayforjapan/

ゲーム開発会社、株式会社イニスでは社員からの義援金を集め日本赤十字社に寄付することを表明しています。

■ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン
http://www.jp.playstation.com/psn/donation/

東北地方太平洋沖地震 災害支援を開始。PlayStation Storeにて専用のカスタムテーマを販売し、その売上の全額を社会福祉法人中央共同募金会(赤い羽根共同募金)に寄付することが発表されました。

*以上、2011年3月21日夜の更新情報です。

災害の復旧は長期戦になるでしょう。今、被災地に必要なのは食料・薬品・電力・燃料‥‥次に交通インフラ、仮設住宅‥‥でもいつか、ゲームが必要になる出番があると思う。人間は遊ぶ動物だから。

でも、「なぜ、ゲーム?」と批判する人もいる。その時にゲーム業界はこんなことをした、という痕跡を残しておきたい。お役人にはゲーム批判派もいるけど、擁護派の方もたくさんいらして、「ほら、こういうことをしている業界ですよ!」と言えるまとめがあると良いと思った。今は個人ブログだけど、体裁を整えてしかるべきサイトに移管することを頭の片隅に入れて書きためております。

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/03/15 22:11
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011/03/23 10:58
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012/10/14 06:05
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013/05/30 20:20
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。