Hisakazu Hirabayashi * Official Blog14歳からのゲーム哲学

14歳からのゲーム哲学

「ニンテンドードリーム」誌の五十嵐編集長と坂井副編集長が、今まで、私の仕事場に来てくださいました。
現在、発売されている号で私と五十嵐編集長との対談記事が掲載されています。その後、縁あって同誌の次号から連載を書かせていただくことが、正式に決まりました。


Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2011年 05月号 [雑誌]





コーナー名は
「14歳からのゲーム哲学」
私は故・池田晶子さんがお書きになられた「14歳からの哲学」が大好きです。
難しい哲学をやさしく伝えています。
名著です。大変、おそれ多いことですが、その書名を拝借いたしました。

14歳からの哲学 考えるための教科書14歳からの哲学 考えるための教科書
(2003/03/20)
池田 晶子

商品詳細を見る


ゲーム専門誌で「哲学」を語るなんて、無謀な試みのようですが、私はこう考えました。
自分が14歳のころ、思春期ですね、いろいろなことで悩んだものです。

命って何?
人を好きになるって何?
学ぶって何?
生きるって何?
友だちって何?


答えなき答えを探し求めていた時期があります。
「ニンテンドードリーム」誌のメイン読者層が14歳、とうかがってピンと来ました。
また両親が購入して、親子で読むことも多い雑誌でもあるとうかがいました。

新作ゲームソフトの情報だけではなく、ゲームを通じて考えてもらいたいことを書いてもいいかも。
ゲーム専門誌特有の「!」で煽らない、静かに考えるページがあってもいいかも。
ゲームとゲームをする自分を見つめ直すページがあってもいいかも。

ゲームの情報がたくさん流れるなか、「立ち止まって考える」「いつもは気づかなかった視点でゲームを見直してみる」「親子で、いつもはしないような会話が芽生える」。そんな現象が起きたらいいな、を目指します。

連載第1回のテーマも決まりました。
「勇気について」です。

4月下旬発売。6月号から掲載開始です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。