Hisakazu Hirabayashi * Official Blogお知らせ

新連載で書きました、Wii Uについて

新連載がはじまりました。
Yahoo!ニュースは、今年の9月から従来からあった「トピックス」「写真」「 地域」「企業トレンド」等に加えて「個人」を公開しました。

個人のトップページには基本編集方針が書かれています。

Yahoo!ニュースにByline(記名)で情報発信する個人の書き手「オーサー(Author)」が加わりました。専門的な知識を元にした考察、多様な視点や主張が加わることで、ニュースをより多角的に理解できます。


各分野のオーサーがすでに執筆をしていますが、このたびエンタテインメント分野が加わり、私が寄稿することになりました。タイトルは「ゲーム思考」としました。

ゲームを、ただ遊ぶだけではなく立ち止まって思考をする。
世の中の森羅万象をゲーム的に思考してみる。
2つの意味を込めてつけたタイトルであります。

第1回は12月8日、先週土曜日に発売されたWii Uの所感を述べております。

ホームサーバーの可能性を秘めて発売された任天堂・Wii U
http://bylines.news.yahoo.co.jp/hirabayashihisakazu/20121214-00022727/

少し先走った‥‥また、私「個人」の思い入れが強く出た見解かもしれません。ですがWii Uを、単なるWiiの後継機とみなしてしまうのはもったいない。
時流、文字通りに時の流れにあったマシンであり、見方を変えれば、Wii Uは、自らそう名乗ってはいないけれども、ホームサーバーの役割を果たすのではないか、と思考しました。

本文ではそこまでは触れなかったので、補足します。
インターネットは技術と生活環境の変化によって、また大きな節目を迎えています。

世界に張りめぐらされたインターネットの端末としてPCやゲーム機がある、というのは当たり前のことになりました。次に起きる変化のひとつとして、インターネットの家庭内二次活用に注目しています。

端末1がインターネットから情報を受け取る。その端末1は家庭内のサーバー機能を持ち、携帯型の端末2でコンテンツを利用することができる。そして、今のWii Uにはこの仕様はありませんが、端末1はスマートフォンなどの端末3によって、外出先から遠隔操作ができる。

主になる家庭用サーバーは端末1
家の中で自由に閲覧操作する端末2
外出先から端末1を操作する端末3

これら3つのデバイスを使う、三角形な情報生活が次の当たり前となる、との私見を持っております。

本稿ではWii Uについて書きましたが、ソニー・コンピュータエンタテインメントのnasneは非常にはっきりとした端末1ですね。名前からして、NAS(Network Attached Storage)ですから。次回は、12月20日に予定されているPSVITAのアップデートによる、nasneとPSVITAと連携について書くかもしれません。

こんな予告をしていると、私はホームサーバー至上主義者のようですが、違います。新しいゲーム機が登場したら、意味を発見したい人であります。それがたまたまこの時期は、ホームサーバーであったというだけのことです。

新ハードが発売されるたびに、サードパーティは何社、タイトルラインナップは何タイトル。わかりやすい数の報道は、私よりも調べものが上手な人が、熱心に書いてくれているので、私はほかのことを書いているまでのことです。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

【イベントのお知らせ】ヒッポンエイジス Act.3

「ヒッポンエイジス Act.3」を11月17日、阿佐ヶ谷ロフトAで開催します。


今回のキャッチフレーズは

そろそろさ、混じりっけなしの業界ぶっちゃけトーク、やっちまおうぜ!


80年代、90年代前半の熱気があふれかえっていて、ゲーム業界もまだ固まり切っていなかったころ。
今では考えられない事実、珍事件を主催者、私、とみさわ昭仁、成澤大輔、元宮秀介の各氏。そこにお招きしたシークレットゲストとともに語ります。

おもしろいから語っちゃえ。
もう時効だから言ってもいいだろ、あの話。
そんなイタズラ心、もちろんあります。

ですが、今のゲームのメインユーザーの年齢層を30歳代前半。
現在、ゲーム業界で管理職クラスになって活躍している人の年齢層も30歳代前半、としましょう。
そんな皆さんが、まだ小学生だった時代に何が、どうして起こったのか。
歴史の道標になれば‥‥といくばくかの志も持って開催されます。

act3.jpg

それにしても、旧「ファミコン必勝本」の読者発案のイベントが、開催されることが信じられなかったですし、それが3回も続くとは思ってもみませんでした。

語弊を恐れずに言えば、あの雑誌は、つくっていた本人はまったく意識してませんでしたが、一種の宗教。
カルトな信者を生んだのかもしれません。

運営にかかわってくださるスタッフの皆さん、ありがとうございます!
この場を借りて感謝申し上げます。

では皆さん、11月17日、阿佐ヶ谷でお会いしましょう。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

お詫びとUSTのお知らせ

週刊「プレイボーイ」誌、2010年9月10日(8月27日発売)号にて、私の趣意とは異なる『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』についてのコメントが掲載されました。

この件につきまして、まずは私の名において、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』を楽しんでおられるユーザーの皆さま、ゲーム開発にかかわられた皆さま、ならびにスクウェア・エニックス社と同社ステークホルダーの皆さまに、ご迷惑おかけいたしましたことを、謹んでお詫び申し上げます。

しかしながら、現在、Twitterや掲示板で語られてますことの中には、事実に反する情報も含まれております。
本件につきまして下記USTにてご説明させていただきます。


Live stream by Ustream


2012年9月8日、21:00配信予定


*配信時間に変更があった場合は、Twitterにてお知らせし、合わせて当ブログに記載いたします。
*本ブログに掲載されている文章、写真等の著作権は、平林久和に帰属します。無断転載を固くお断りします。

「デジタルコンテンツ白書2012」発刊セミナー開催

財団法人デジタルコンテンツ協会刊。
http://www.dcaj.org/
「デジタルコンテンツ白書2010」が発行されます。

例年通り、「デジタルコンテンツ白書2012」発刊セミナーが開催されます。
■日時: 2012年9月7日(金) 15:00~17:00
■会場: デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス セミナールーム
東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル7階

詳しくはこちらの案内を参照ください。
私は同白書編集委員、また「ゲーム」の項の執筆をしております。

-はじめに-
「ゲーム」をめぐる環境は近年変化が著しい。
ゲームを遊ぶためのデバイスの変化、言い換えると多端末化が急速に進んでいる。
ビジネスモデルも変わってきている。
パッケージソフトの販売以外の方法が続々と生まれてきている。
すなわち、ゲームコンテンツの流通経路も多様化しているのである。
これら動向により、コンテンツ利用者の生活スタイル、消費スタイルにもまた、大きな変化があったことは言うまでもない。
本章では「白書」の発刊目的である過去からの継続性を保ちつつ現状紹介を行い、もうひとつの重要目的でもある網羅性を加味しながら、今後、ドラスティックな転換が起きるであろう「ゲーム」の将来展望を解説していく。


以下、約1万2000字ほど続く本稿は、9月1日に発行されます同白書をご覧ください。

アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです

合同会社・ヘルプボタン(HelpButton.LLC)を設立しました

いい意味で人生設計が狂いました。

50歳を迎えるにあたって、自分は物書きとして再修行をする、と決心したのは昨年の夏。「書く」ための時間を増やすためにオフィスを移転。今までよりもさらに職住接近の暮らしをすることにしました。

明けて本年。
冬から春にかけて、大きなプロジェクトがありました。
外部ブレーンとして、私。
学ぶこと多き長年の友人でコピーライター、クリエイティブディレクターの小霜和也氏が招かれました。
その際に知り合ったのが、やはり広告の世界では「営業の神様」の異名を持つ戸練直木氏でした。

手前ミソですが、私たちはいい仕事をしました。
他人から見て見苦しくなく、兵(つわもの)ならば持っていたい野心。
出しゃばりすぎはしないが、漢(おとこ)ならば持っていたい今の日本を憂う心。
そんな心の波長も合うコンビでした。
簡単に言ってしまえば、年をとってもヤンチャ坊主の集まりでした。

プロジェクトが終わったら解散というのはあまりにも惜しい。
「一緒に会社をつくろう」。
いかにも打ち上げの席でありそうな戯言を戯言にしたくなく、本当に会社をつくることに邁進することに相成りました。

というわけで、新会社をつくりましたことを、発表いたします。
社名はHelpButton.LLC
合同会社・ヘルプボタンです。

helpbutton.jpg

法人設立は5月28日に行い、晴れて本日、Webサイトもオープン。
広告業界では著名なおふたりが設立した新会社ということで、業界紙「CM通信」では巻頭特集で取り上げてくださいました。

imagecm.jpg

自分たちの大きな役割。
それは広告・販促業界とゲーム業界を結びつけること。
いま、ゲームクリエイターたちはこれまで培ったノウハウを
ゲーム業界の垣根を越えて活かしたい!とうずうずしています。
HelpButtonはその発想やアイデアを広告・販促施策に変換します。


この役割を果たします。

ですから、ゲーム業界の垣根を越えて活かしたい!とうずうずしている方、いらっしゃいましたら、どうかお気軽にお声がけください。

「ついつい」パワーが、これからの経済には必要なんです。

「ついつい」パワーとやらにご関心がある企業・団体の皆様、pochi@helpbutton.co.jpにお問い合わせを。
お待ち申し上げております。

ヘルプボタン公式サイトにはちょっとしたしかけがあります。
ぜひ、赤いボタンを‥‥

 
アイコン
posted by Hisakazu Hirabayashi

Twitterはコチラ。Facebookはコチラ。メールフォームはコチラです
株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。